肺

患者数が増加している肺がんをどのように防ぎ、治療するか確認しよう

時代によって異なる

その時代によってがんが発生する部位で、罹患数が多い部位は違ってきます。ある時期までは胃がんの罹患数が多かったのですが、ピロリ菌を除菌する取り組みが広がってきているため減少傾向にあります。がんにかからないようにするためにも傾向を知りましょう。

がんになる過程

診察

肺に発生するがん

がんはどの部位にも発生する恐れがありますが、男性の乳房にはがんが発生しにくいのと同じく、男女によっても罹患するがんの種類は変わってきます。
その中でも肺がんは肺門部と肺野部に発生するがんであり、患者数が増加しているがんの一つとなっています。

肺の役割

ある部位ががんになると、その部位が請け負っている働きが半減してしまいます。部位の全摘出ということになれば、これまでの生活が一変することもあるため、それを防ぐために抗がん剤や放射線治療を利用してなるべく正常な部分を残していけるようにするのです。そのため、多少抗がん剤の副作用がきつくても、我慢する必要が出てきます。もちろん、あまりにも我慢ができなければ軽減するために様々な取り組みを病院でも行なってくれるので安心しましょう。

では、肺の働きとはどのようなものかというと、
・エネルギー源である酸素を体内に取り入れる
・不要な二酸化炭素を体内から排出する
この二つの役割を負っています。気管から取り込まれた空気は気管支を通り左右の肺に分けられます。そして右肺と左肺の中には肺胞という酸素と二酸化炭素の交換を行なう役割のある器官が無数に集まっているのです。肺がんになるとこの働きが減少するため、呼吸をするのも困難な状況になってしまいます。

免疫力を上げる

最近では免疫細胞療法という治療法が外科手術や放射線治療と同じく注目を集めています。免疫力を高める細胞の数が体内に増えれば、がんを攻撃するため放射線や抗がん剤に頼らなくてもがんを治療できるというものです。今では抗がん剤と放射線治療の併用がメインですが、将来的には併用せずともがん治療の選択肢として確立するものと考えられています。
ところで、身体の中の免疫力を高めればがんは治療できるのですから、抗がん剤の辛い副作用も免疫力を高めれば症状を軽減できるはずです。現在ではアガリクスやフコイダンなどの有効成分を積極的に摂取することで、副作用は軽減できると評判になっています。

原因をできるだけなくす

がんになってしまう原因を知っていれば、ならないような対策ができます。最近では新しい治療法も出てきていますが、そもそもがんにならないように予防するのも大切なのです。
では、肺がんになってしまうのはどのような原因が考えられるのかというと、喫煙です。アスベストを吸引しすぎることも肺に悪い影響をもたらしますが、これはただ肺に傷がつくというだけでなく、遺伝子に傷がつくということも指すのです。
遺伝子の傷が蓄積することでがんが発生するため、もし家系的にがんになっている人が多いのであれば、喫煙していなくてもまれに肺がんになることがあります。

病院の選択は自由

どのような病院でがんを治療するのか、それは患者の選択に委ねられています。勉強しなければいけないのはしんどいことですが、自分なりの治療が選択できるというように捉えましょう。最新医療を選択することもできますし、自分で予防をすることも可能です。

がんについてもっと知ろう

男女

治療を続けるためにも大切

病院では薬を使ったがん治療、つまり抗がん剤治療が行なわれますが、副作用を軽減するサプリなども医師と相談しながら飲んでいくと治療に効果的です。辛い治療ではなく、症状があまり出ないようにできれば、がん治療も頑張れます。

READ MORE
広告募集中